理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2014年11月

寺脇慎一助教がPoster awardを受賞

ニュース

第6回国際神経化学会スペシャルカンファレンスにおいてPoster awardを受賞

大学院理工学府 分子科学部門 助教 寺脇慎一

 

分子科学部門の寺脇慎一助教が第6回国際神経化学会スペシャルカンファレンス(平成26年9月20-22日、開催地:東京)において「Poster award」を受賞した。受賞対象となった発表題目は、「Structural basis for the membrane-targeting of Rac specific guanine nucleotide exchange factors, Tiam1/2」である。なお、この演題は、「Short talk」にも選出され、口頭発表もおこなった。

本発表では、癌細胞の浸潤・転移に関与するTリンパ腫浸潤転移因子1(Tiam1)およびTiam2の細胞膜を認識する機能領域のX線結晶構造解析および標的分子との相互作用に関する生化学的な分析結果を報告した。本研究成果は、癌細胞の転移・浸潤を抑制する創薬につながる医学・薬学的な基盤となるため、今後のさらなる発展が期待される。なお、本研究は、奈良先端科学技術大学院大学の箱嶋敏雄教授、名古屋大学大学院医学研究科の貝淵弘三教授との共同研究による成果である。

PAGE TOP