理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2015年10月

教員公募(1件)を追加

更新情報

教員公募情報に1件追加を行いました。

http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/06koubo.html

PAGE TOP


 

菊池紗也香さん(M1)と芳澤理志君(M1)が若手優秀ポスター賞を受賞

ニュース

日本分析化学会第64年会で若手優秀ポスター賞を受賞

 

理工学府 物質生命理工学教育プログラム 博士前期課程1年
菊池 紗也香 さん、芳澤 理志 君

 

2015年9月9日〜9月11日に九州大学伊都キャンパスで開催された日本分析化学会第64年会において、修士課程1年(分析化学研究室)の菊池紗也香さんと芳澤理志君が若手優秀ポスター賞を受賞した。

菊池さんの受賞演題は「光架橋反応を利用したマイクロ流路内への細胞パターニング法の開発」で、指導教員である佐藤記一准教授および角田欣一教授らとの共同研究による成果である。本発表では、ベンゾフェノンで修飾したマイクロチップの流路底面に紫外線を用いてヒト由来細胞を生きたままパターニングする方法を確立したことを報告した。
一方、芳澤君の受賞演題は「液/液光導波路におけるAl3+-有機酸錯体とルモガリオンとの生成反応」で、指導教員である角田欣一教授および佐藤記一准教授との共同研究による成果である。本発表では、有機酸を含むAl3+溶液とルモガリオン溶液を用いて液/液光導波路を形成させ、蛍光観察することによりその錯体生成反応の様子を解析し、シミュレーションとの比較を行ったことを報告した。

 

図1 図2

 

PAGE TOP