理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2016年1月

神 聖史君(D2)がポスター賞を受賞

ニュース

平成27年11月20日~21日に愛知県犬山市で開催された第9回有機π電子系シンポジウムにおいて,理工学府 物質・生命理工学領域 博士後期課程二年の神聖史君(有機構造化学研究室)がポスター賞を受賞した。本シンポジウムは,様々な有機π電子系化合物の合成,構造や物性について討論するものであり,本賞は,学生のポスター発表の中から優秀な発表に対して,10件に1件程度の割合で授与された。

受賞対象となった発表題目は「カルバゾールとトリアゾールまたはトリアゾリウムからなる大環状共役系化合物の合成と物性」である。アジドとアルキンの“クリック反応”という簡便な反応によりトリアゾールというヘテロ環ができるが,本研究では,この反応を巧みに利用して,カルバゾールとトリアゾールからなる大変ユニークな構造の大環状化合物の合成に成功した。この化合物は,その大きな内部空孔により,ハロゲン化物イオンの中でもサイズの大きなヨウ化物イオンと高い錯形成能を示した。さらにトリアゾールの部分をトリアゾリウムイオンに変換すると,その錯形成能は飛躍的に向上した。このようなヨウ化物イオンと高い錯形成能を示す化合物の例は非常に少なく,今後の展開に期待が持たれる。なお,本研究は,中村洋介教授および加藤真一郎助教の指導のもとに行われたものである。

 ポスター賞写真_第9回有機πシンポ

PAGE TOP


 

作田悠君(D2)が優秀発表賞を受賞

ニュース

化学とマイクロ・ナノシステム学会第32回研究会で優秀発表賞を受賞
理工学府 物質生命理工学領域 博士後期課程2年
作田 悠 君

 
2015年11月26日〜11月27日に北九州国際会議場で開催された化学とマイクロ・ナノシステム学会第32回研究会において、博士課程2年(分析化学研究室)の作田悠君が優秀発表賞を受賞した。
作田君の受賞演題は「集積化マイクロ循環器モデルの開発」で、指導教員である佐藤記一准教授および角田欣一教授らとの共同研究による成果である。本発表では、循環流路中に心臓と腎臓の機能を集積化したマイクロ流体デバイスを開発し、その循環流路中に乳がん由来細胞株を培養することにより、体内残留性を考慮に入れた抗がん剤試験を実現したことを報告した

 

unnamed

PAGE TOP


 

日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会で6名がポスター賞を受賞

ニュース

平成27年12月5日に群馬高専で開催された日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会において、群馬大学が関係する受賞が6件ありました。
その詳細は以下の通りです。

 

P-06* 定常光およびレーザー光分解法を用いた一時利用可能なUVサンスクリーン分子の光生成と熱分解過程の研究
○諏訪有里枝,山路稔(群馬大院理工)

 
P-22* フッ素を有する新規グライコデタージェントの合成
○齋藤隆行1,長谷見早紀1,吉村弥生2,松尾一郎2
(1:群馬大工,2:群馬大院理工)

 
P-42* チエノピロールが縮環した種々の電子受容性複素芳香環類とその金属錯体の合成と物性
○田村美咲,加藤真一郎,中村洋介 (群馬大院理工)

 
P-63* 放射線グラフト型アニオン電解質膜のアルカリ溶液中での分解挙動
○竹内航太1,濱田崇2,吉村公男2,廣木章博2,前川康成2
(1:群馬大工,2:原子力機構)

 
P-77* シリル化ポルフィリンの光線力学的性質に及ぼすマンノースの効果
○須田大輔,堀内宏明,奥津哲夫(群馬大院理工)

 
P-83* 金コロイドおよび金ナノロッドによる表面プラズモン共鳴を利用したタンパク質の光誘起結晶化
〇佐々木裕太,堀内宏明,奥津哲夫(群馬大院理工)

 

 

日本化学会群馬地区ポスター賞DSC_0742

PAGE TOP