理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2016年9月

岡野啓介君(M1)がポスター賞を受賞

ニュース

平成28年8月29日~30日に長野県上水内郡飯綱町(飯綱町・富士通労働組合総合センター)で開催された第54回炭素材料学会・夏季セミナーにおいて,理工学府 物質・生命理工学教育プログラム 博士前期課程一年の岡野啓介君(炭素材料電極化学研究室)がポスター賞を受賞した。本セミナーは,炭素材料の研究に携わる研究者および学生が一堂に会し、身近に接しながら議論をするためのものである。本年度は26件のポスター発表の中から厳正な審査の結果、3件のポスター賞が授与された。
受賞対象となった発表題目は「電気二重層キャパシタの高電圧化を目指した表面修飾シームレス活性炭の開発」である。電気二重層キャパシタ(EDLC)は、活性炭などの多孔質炭素電極での電解質イオンの静電的吸脱着によって充放電が行われる蓄電デバイスである。EDLCは、二次電池に比べ高速充放電が可能であり長寿命であるが、エネルギー密度が低いため容量と耐電圧の改善が必須となっている。本研究は、活性炭粒子同士の接点が存在しないシームレスな構造を有する新規な活性炭電極と耐酸化性の高い導電性高分子での表面修飾を組み合わせることでEDLCの高耐電圧化を目指したものである。その研究コンセプトと成果が認められ受賞に至った。なお,本研究は白石壮志教授の指導のもとに行われたものである。

 

岡野賞状

PAGE TOP