理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2017年5月

槇靖幸助教が日本バイオレオロジー学会論文賞を受賞

ニュース

平成29年度日本バイオレオロジー学会論文賞を受賞

 

理工学府分子科学部門

助教 槇靖幸

 

平成29年5月27日、28日に川崎医療福祉大学(倉敷)で開催された日本バイオレオロジー学会第40回年会において分子科学部門の槇靖幸助教が本年度の日本バイオレオロジー学会論文賞を受賞した。この論文賞は、バイオレオロジーに関連する独創的かつ優れた成果をあげた研究者に授与されるものである。

槇助教の受賞論文はCarbohydrate Polymers 誌に掲載されたSmall-angle X-ray and Light Scattering Analysis of Multi-layered Curdlan Gels Prepared by a Diffusion Methodである。拡散法により作製された多層カードランゲルの構造を小角X線散乱と光散乱から決定することによりユニークな生成のメカニズムについて考察した論文であり、バイオレオロジー分野における重要性が評価された。

PAGE TOP


 

佐藤記一准教授の研究が日経産業新聞に掲載

ニュース

分子科学部門佐藤記一准教授の研究が、2017年5月29日の日経産業新聞で紹介されました。

本研究では、腎臓の糸球体の機能を再現するマイクロチップを開発しました。

わずか数センチのチップ内に、血液や尿に見立てた液を流すための流路や透析膜が組み込まれています。

このチップを用いると、腎臓からの薬の排泄されやすさを考慮しつつ、薬の効き目を推定することが可能で、将来的に動物実験の代替になると期待されています。

 

詳しくはこちらをご覧下さい
掲載記事(5/29日経電子版・日経産業新聞セレクション)
佐藤記一准教授研究紹介

腎臓の機能を再現したチップ

チップの構造

 

PAGE TOP


 

オープンキャンパス2017の情報公開

イベント

オープンキャンパス2017の情報を公開しました。

内容は順次追加していく予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/chem-bio/open-campus/oc-major

PAGE TOP


 

研究紹介サイトの開設

更新情報

化学・生物化学科の研究内容を分野別に一覧にまとめました。

https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/chem-bio/research

PAGE TOP


 

受験生向け特設サイトオープン

更新情報

スマホに対応した受験生向け特設ページを開設しました。

化学・生物化学科の特徴や研究内容などがわかりやすくまとめています。

https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/chem-bio/

PAGE TOP


 

申し込み開始 一日体験化学教室

イベント

一日体験化学教室の申し込みが開始されました。

たくさんのご参加をお待ちしております。

https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/taiken2017/

PAGE TOP


 

受験生向けのページを更新

更新情報

受験生向けのページを更新しました。

http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/03exam.html

PAGE TOP


 

1年生の合宿研修の様子を紹介

更新情報

群馬大学 理工学部 化学・生物化学科に入学した新1年生達が合宿研修を行いました。
当日の様子をレポートしました。
実施日:2017年4月29日(土), 30日(日)

 

https://sites.google.com/gunma-u.ac.jp/2017-1st-grade-akagi/

PAGE TOP


 

「在学生からのメッセージ」を更新

更新情報

「在学生からのメッセージ」を更新しました。

http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/03exam_03voice_student.html

 

2016年版も閲覧可能です。

http://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/03exam_03voice_student2016.html

PAGE TOP