理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2017年11月

清水夏彦さん(4年)がポスター賞を受賞

ニュース

清水夏彦君が、”The 8th International Symposium on Surface Science”にてポスター賞を受賞しました。

2017年10月22日から26日につくば国際会議場で開催された” The 8th International Symposium on Surface Science”において、表面化学研究室の清水夏彦君(理工学部 化学・生物化学科4年)が、ポスター賞を受賞しました。ポスター賞は170件の発表の中から16件に授与されました。
清水君の受賞演題は”Safe synthesis of high quality black phosphorus through transport reaction method”です。Black phosphorusはリンの同素体であり、日本では黒リンと呼ばれています。黒リンはグラフェンと同様に1原子程度の厚さ(つまりとても薄い)にできる物質であり、将来2次元材料として、電子部品での応用が期待されています。黒リンの合成方法はいくつかありますが、最近見つけられた方法が”transport reaction method”です。本発表はこの方法を改良して安全に黒リンの合成を行うことを目指したものです。

 

PAGE TOP