理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
2018年6月

Soulenthone Phouvilayさん(D1)が優秀口頭発表賞を受賞

ニュース

平成30年6月13−15日にタワーホール船堀で開催された平成30年度繊維学会年次大会において、物質・生命理工学領域博士後期課程1年のSoulenthone Phouvilayさんが優秀口頭発表賞を受賞しました。
本賞は平成30年度繊維学会年次大会における「博士後期課程学生以上40歳未満の学会員の口頭発表」を審査対象としています。本年度は4件の発表が表彰されていますが、Soulenthoneさんはただ一人、学生の受賞者です。

Soulenthoneさんの受賞タイトルは「中温性細菌による脂肪族芳香族ポリエステルの生分解」で、市販の生分解性高分子であるポリブチレンアジペート-co-ブチレンテレブタレート(PBAT)の自然環境下における微生物分解を詳細に解析しています。研究内容とともに、プレゼンテーション能力、質疑応答内容が審査委員により高く評価されました。

 

http://www.fiber.or.jp/jpn/awards/prizeY.html

PAGE TOP


 

福嶋月乃さん(M1)と東宮大貴君(M1)が優秀ポスター発表賞を受賞

ニュース

分子科学部門・高分子構造物性研究室所属の物質生命理工学プログラム博士前期課程1年・福嶋月乃さんによる「In-situ X線計測を用いたポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重体膜の変形応答解析」、および、同・東宮大貴君による「超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸薄膜および多孔質膜の構造解析と大面積化」の2つの発表が、2018年6月14日にタワーホール船堀(江戸川区)で開催された平成30年度繊維学会年次大会にて、それぞれ、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 

福嶋さんの研究は、安価なランダム共重合体を原料に、延伸操作によってナノ配列構造を発現させようとするものです。このような構造形成を追跡するために、X線を用いた「その場(in-situ)」計測をSPring-8にて行い、延伸過程における相構造変化を分子レベルで考察しました。一方、東宮君の研究は、高強度な超高分子量ポリエチレンを原料として、縦横1m×1mの大面積で、かつ、膜厚2μmの極薄膜を製膜するものです。これを応用して、有機溶剤を一切用いることなくnmサイズの連通細孔を有するリチウムイオン電池セパレーター膜を実生産できると期待されています。
これらの発表は、研究内容とともに、そのプレゼンテーションが審査委員により高く評価されました。

 

福嶋月乃さん

 

東宮大貴君

PAGE TOP


 

覚知亮平助教が高分子学会・高分子研究奨励賞を受賞

ニュース

分子科学部門の覚知 亮平 助教が、「多成分連結反応を活用した高分子合成と材料創成」により、平成29(2017)年度高分子研究奨励賞を受賞されました。

同賞は社団法人高分子学会により、優れた研究業績を上げると共に、学会活動に深く寄与した若手研究者を対象に授与されるもので、5月23~25日に名古屋国際会議場にて行われた第67回高分子学会年次大会において授与式が開催されました。

覚知亮平助教は連続反応や多成分連結反応に基づく新しい高分子合成法を開発しており、同業績は高分子合成化学における新しい潮流として世界的に認識されています。

多成分連結反応とは三成分以上の反応基質が一度に反応する複雑な反応を指します。

その複雑さの反面、多成分連結反応は有機化学においては黎明期から存在する反応形式である一方、高分子化学に積極的に取り入れ始められたのはごく最近であります。

覚知亮平助教は多成分連結反応による高分子合成に関する研究を積極的に展開しており、例えば英国王立化学会出版のPolymer Chemistry誌に最近出版した論文(http://pubs.rsc.org/en/Content/ArticleLanding/2018/PY/C7PY01923H#!divAbstract)は同誌の裏表紙に採用されるなど、国内外から大きな注目を集めています。

 

PAGE TOP


 

東宮大貴君(M1)がパブリシティー賞を受賞

ニュース

   

 

東宮大貴君(上原研究室)がパブリシティー賞を受賞
〜溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレンの大面積薄膜化と多孔質化〜

 

5月23日(水)から25日(金)に名古屋国際会議場で開催された第67回高分子年次大会において、本学博士前期課程・東宮大貴君(分子科学部門・上原研究室)の発表「溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレンの大面積薄膜化と多孔質化」がパブリシティー賞を授与されました(約1,000件中11件受賞)。
パブリシティー賞は、高分子学会広報委員会がプレスリリースのために選定したものに対して授与する賞であり、その発表内容が学術、技術、又は産業の発展に寄与するものであり対外的に発表するにふさわしいと認められたものです。
東宮君の研究は、これまで高分子構造物性研究室が培ってきた「溶融延伸技術」を産業レベルで実用化しようとするものであり、縦横1m×1mの大面積で、かつ、膜厚2μmの極薄膜を製膜することに成功しました。これにより、nmサイズの連通細孔を有するリチウムイオン電池セパレーター膜を有機溶剤を一切用いることなく製造することが可能です。

本学「研究・産学連携推進機構」では、今後の本学における学術研究を推進するため、本学の強み・特色として高い可能性を有するプロジェクトを「重点支援プロジェクト」として支援しており、これを受けて、「超」高性能あるいは「超」高機能を有する膜(メンブレン)を創製する「スーパー・メンブレン」プロジェクト(略称:「Sメンブレン」プロジェクト)が平成29年度に発足しました(代表:山延健教授)。今回、受賞対象となった研究は、この重点支援「Sメンブレン」プロジェクトの一環として行われたものです。

 

PAGE TOP