理工学府 物質・生命理工学領域 / 物質・生命理工学教育プログラム / 理工学部 化学・生物化学科 | 国立大学法人 群馬大学

  • 文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

小野寺健太郎君(M1)らが参画する共同研究成果が英国科学誌に掲載

ニュース

JST研究成果展開事業(A-STEP・シーズ育成)において、博士前期課程1年・小野寺 健太郎および博士後期課程2年・藤田 博仁 大学院生(指導教員:桒原 正靖 准教授)が参画する共同研究(NECソリューションイノベータ株式会社)により、特殊な修飾核酸を用いることで、ストレスマーカーのひとつであるヒト唾液アミラーゼに極めて強く結合する人工核酸を創り出し、唾液中のアミラーゼを簡易検出することに成功しました。

本研究成果は、2017年3月3日に英国科学誌「Scientific Reports」のオンライン版(オープンアクセス:www.nature.com/articles/srep42716)で公開されました。

 

詳細は下記リンク先をご参照下さい。

プレスリリース(群馬大学): http://www.gunma-u.ac.jp/information/24723

プレスリリース(NEC Corporation): http://jpn.nec.com/press/

PAGE TOP


 

« »