スーパー・メンブレンの創製と
自律システム化

元素化学と材料科学を駆使して、世界一の性能や機能を有するスーパー・メンブレン(Sメンブレン)を創製する


News & Events

ニュースやイベント情報をアップロードします


分子科学部門の永井 大介 助教が、平成30年度リサイクル技術開発本多賞を受賞しました。

[Oct-11-2018]:
分子科学部門の永井助教が平成30年度リサイクル技術開発本多賞を受賞し、2018年10月11日に産業環境管理協会において授賞式と受賞講演が行われました。なお、本研究は、重点支援「Sメンブレン」プロジェクトの一環として行っているものです。 白金・パラジウム・ロジウムなどのレアメタルは、ハイテク製品の製造に不可欠な金属であり高価格で取り引きされているが、世界的に埋蔵量が少ないため、これらを回収し再利用することは重要です。しかし、従来レアメタル吸着に検討されてきたポリマーは、金属水溶液に溶解しないため吸着反応が不均一系となり、「回収能力の低さ」が問題となっていました。 永井助教は、金属吸着ユニットとしてチオカルボニル基と、水溶性ユニットとしてアミノ基を有するポリマーを合成し、簡便かつ高回収でのレアメタル捕集材料の開発を検討しました。その結果、ポリマーは金属イオン水溶液に溶解するため効率良く金属を吸着でき、吸着量増加に伴い金属を吸着したポリマーが沈殿するため、ろ過で簡便に分離できることを明らかにしました。例えばパラジウム回収の場合、ポリマー1 gあたり0.508 gのパラジウムを捕集できる極めて高い捕集能を有しています。これらの成果は、英国化学国際誌(Chemical Communications 2013, 49, 6852-6854)に発表されるとともに、その内容が認められ、今回の受賞に至りました。 使用済み電子基板やハイブリッド車の廃棄バッテリーなどの「都市鉱山」からのレアメタル回収への実用化が期待でき、資源循環型システムの開発に貢献できる材料と成り得ます。今後、重点支援「Sメンブレン」プロジェクトを通じて、学術面での進展のみならず、産業界への技術移転も進めていく予定です。

分子科学部門の橘 熊野 助教が、横山科学技術賞を受賞しました。

[AUG-23-2018]:
 横山科学技術賞は、若手研究者(45歳以下)の学術研究を奨励するために設けられた賞で、公募により特に優れた研究業績を上げた者に賞を贈るものです。平成9年12月15日に、故 横山亮次氏により設置されました。今年度は、平成30年8月23日(木)に同窓記念会館において授賞式及び受賞記念講演会が開催され、分子科学部門の橘 熊野助教が、 研究題目:「環境調和型材料としてのバイオベースプラスチックと生分解性プラスチックの創成」の研究により受賞されました。   授賞式の冒頭では、平成29年9月に逝去された横山亮次氏を偲び黙祷を捧げました。その後、大塚榮子選考委員長(北海道大学名誉教授)による講評、賞状の授与が行なわれ、引き続き、両受賞者のご家族から副賞の授与等が行なわれ、互いに日頃の感謝の気持ちが交わされました。受賞者による記念講演では活発な質疑応答があり、理工学府若手教員の今後の研究に、益々の発展が期待される会となりました。

分子科学部門の覚知亮平 助教が、高分子学会・高分子研究奨励賞を受賞しました。

[JUN-4-2018]:
分子科学部門の覚知亮平 助教が、「多成分連結反応を活用した高分子合成と材料創成」により、平成29(2017)年度高分子研究奨励賞を受賞しました。同賞は社団法人高分子学会により、優れた研究業績を上げると共に、学会活動に深く寄与した若手研究者を対象に授与されるもので、5月23~25日に名古屋国際会議場にて行われた第67回高分子学会年次大会において授与式が開催されました。  覚知亮平助教は連続反応や多成分連結反応に基づく新しい高分子合成法を開発しており、同業績は高分子合成化学における新しい潮流として世界的に認識されています。多成分連結反応とは三成分以上の反応基質が一度に反応する複雑な反応を指します。その複雑さの反面、多成分連結反応は有機化学においては黎明期から存在する反応形式である一方、高分子化学に積極的に取り入れ始められたのはごく最近です。覚知亮平助教は多成分連結反応による高分子合成に関する研究を積極的に展開しており、例えば英国王立化学会出版のPolymer Chemistry誌に最近出版した論文は、同誌の裏表紙に採用されるなど、国内外から大きな注目を集めています。

高分子学会パブリシティー賞

[MAY-18-2018]:
有機溶剤を用いずにリチウムイオン電池用セパレーター膜を製造する技術を開発 ~重点支援「Sメンブレン」プロジェクトの成果が高分子学会パブリシティー賞を受賞~(プレスリリース) 今回、重点支援「Sメンブレン」プロジェクトの一環として、上原宏樹教授らの研究グループは、有機溶剤を一切用いることなく、ナノレベルの細孔が連通したリチウムイオン電池用セパレーター膜を産業レベルで製造する実用化技術を開発しました。  この成果は、今月23日(水)から25日(金)に名古屋国際会議場で開催される第67回高分子年次大会で発表されますが、それに先立ち、「学術、技術、又は産業の発展に寄与するものであり対外的に発表するにふさわしいと認められた」パブリシティー賞(発表数約1,000件中の11件)を高分子学会から授与されました。

GIS2018

[JAN-17-2018 - JAN-18-2018]:
Gunma International Symposium 2018: 群馬大学理工学部は、その前身が大正 4 (1915) 年設立の桐生高等染織学校であるため、繊維工学のエッセンスが生き続けています。 例えば、1次元形状の繊維がネットワークに織られた反物は平面的な2次元形状を有していますが、これは、サイズは異なるものの、1次元形状の高分子鎖が折りたたまれて 2次元膜を形成することと相似しています。 これら膜(メンブレン)材料が織布と決定的に異なるのは、膜表面や膜に含まれる細孔内にナノ・レベルで原子や分子を閉じ込めることができる点にあります。 これにより、分子が持っている優れた特性をデバイス材料として利用することが可能です。 この度、この分野における国際的な連携を深めるために、「膜・二次元材料 およびデバイス応用に関する第4回群馬国際会議(GIS 2018)」を開催します。 この国際会議を通じて、桐生から繊維・材料に関する情報を発信いたします。

GIS2018要旨集完成

GIS2018_AB

[DEC-28-2018]:GIS2018の要旨集が完成しました

--> -->

桐生地域地場産業振興センター

img26

桐生地域地場産業振興センター
GIS2018の会場

キックオフミーティング開催

[Aug-28-2017]:
Sメンブレンキックオフミーティングが群馬大学総合情報メディアセンター桐生分室に於いて開催されました。各PJメンバーがプロジェクトで協働する研究についてブリーフィングを行いました。

プロジェクト始動!!

[Sep-2017]:
群馬大学のSメンブレンプロジェクトは、2017年度に始まった新しいタイプの協働的かつ自律的研究教育組織です。